>>Top >>スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  >>Top >>ナノパレン

No.34
本日のテーマはナノバレンについてです。
ついに花粉症の季節がやってきました。私は、幸いにして花粉症ではないのですが、花粉症の方にとっては、とてもつらい時期にさしかかっているのではないでしょうか。私が思うに、花粉症こそ公害病ではないかと思っています。
昔はこんなに、花粉症の人はいなかった。その理由は、大気汚染や問題がある。花粉と大気中の成分が化学反応を起こし、人間に有害な花粉ができている。その他の原因に水や食品が関係している、食品添加物、洗剤、等が水を汚染し体の免疫力が低下している。
そんなふうに考えている研究グループもいるようです。研究グループの話では、花粉が多いから、花粉症になるのではなく、人間に害があるから、「花粉症になる。」と考えています。「花粉に害があるのか。」と思う方もいるでしょうが、実は花粉が飛んでいる間に、空気中の有害物質と化学反応を起こし有害物質に変化していると考ている学者もいるようです。ただ、人により花粉症に「なる人と、ならない人」がいます。それは、体の中の花粉に対する免疫機能が人それぞれ違うからです。現代人の体は、環境汚染問題、食品添加物問題、薬害、などでどんどん人間が持つ自然治癒量力が低下していると考えられています。自然治癒力が低下すれば、すぐ病気になります。風邪をひくのも、風邪のウイルスが問題なのではなく、人間の免疫力が1番問題といわれています。それは、癌、糖尿病、通風、も実は免疫力と大いなる関係があるといわれています。私はこの2年以上薬を飲んでいません。また風邪もひきません。(○×は風邪ひかないを字でいっています。)全ての原因がそうでないかも知れませんが、やはり健康食品のおかげではないかと思っています。
花粉症などは、体が健康になれば治ると思っています。それには、まず「水、食事、運動。」この3つので体の体質を変えることでしょう。体質が変われば花粉症は治ると思います。現にそういう活動で、花粉症を克服した人が何人もいます。

余談 Apollo光波動コースターをマスクに照射すると、花粉症の症状がとても和らぐというお話があります。お持ちのお客様がいましたら、ぜひ実践してみて下さい。
http://www.localmailorder.com/audio1/O/audio1O-1.html

みつばち花粉加工食品「ナノパレン」のすばらしさ!
 花粉は古来より不老長寿の薬として珍重されていましたが、特数十年前から花粉に対する科学的、医学的な研究が行われるようになり、花粉の様々な効用が明らかになってきました。この頃からヨーロッパ、北欧などの国々で健康食品として、また一部では医薬品として広く使われるようになっています。
花粉は非常に硬い細胞膜で覆われており、自然の状態のまま摂取しても有効成分を効率よく吸収することが出来ないと言う問題があり、物理的に破壊する方法や、酵素により有効成分を抽出する方法が取られていました。「ナノパレン」は以上のような問題点を克服すべく、ナノマイザー(粒子をナノレベルに粉砕する装置)により花粉の細胞膜を完全に破壊し、有効成分を抽出するという新しい技術により作られた商品です。
このすばらしい「ナノパレン」を大久保渡辺クリニックにて、患者の方に服用頂いた時のアンケート結果を報告させて頂きます。
アンケートは4群の症状に分類(1.花粉症、喘息群 2.アトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎群 3.前立腺炎、前立腺肥大群 4.全身疲労、倦怠感群)し、それをグラフ化してあります。
有り難いことに、これらの症状の緩和を評価頂いた方が多いことです。
皆様のご参考にして頂ければ幸いです。
 なお「ナノパレン」の商品内容については当ホームページ内の「ローカルメールオーダー通販→健康食品→花粉症・アトピー」をご覧下さい。
B12-1-1.jpg

スポンサーサイト
最近の記事
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。